AK UVミルク

販売名:AK ユーヴィミルク

日やけ止め用乳液

紫外線吸収剤が肌に直接触れない日やけ止め乳液

のびの良さが特長で全身に使いやすく、石けんで落とせます。天然セラミドの他、ノイバラ果実エキス(保湿成分)、スクワラン・オレンジラフィー油(皮フ保護成分)を配合。
SPF30 PA+++。

内容量:250mL

低刺激性※1・無香料※2・無着色料・無鉱物油
パラベンフリー・アルコールフリー・敏感肌パッチテスト済※1
※1 すべての方に肌トラブルが起こらないということではありません。
※2 無香料ですが、原料特有の匂いがありますので無臭ではありません。

ロゼット独自の微粒子化技術

天然セラミドは肌への効果に大変優れていますが、溶解性が悪く製剤化が難しい成分です。

この天然セラミドの溶解性を工夫し、角層へ均一に浸透させるため、ロゼットでは独自の微粒子化技術を採用しています。

微粒子化は超高圧処理機によって行い、均一に浸透させることにより肌なじみを良くさせる効果があります。

電子顕微鏡写真

微粒子化していない天然セラミド粉末
微粒子化した天然セラミド

微粒子化により天然セラミドの平均粒子径は1/760まで細かくなり、より均一になることが確認されています。

<測定条件>
撮影機種:HITACHI H-7600 at 100kV
試料作製:ネガティブ染色法(酢酸ウラニル)
分散:400mesh カーボン支持膜付Cuグリッド
懸濁・希釈:蒸留水
花市電子顕微鏡技術研究所にて撮影

微粒子化したセラミド溶液

左:天然セラミドを微粒子化していない溶液
右:天然セラミドを微粒子化した溶液

<測定条件>
サージカルテープ上に各溶液を0.05gのせ、撮影

天然セラミドを微粒子化していない溶液よりもAKシリーズで採用している微粒子化した溶液の方が透明度が高くなり、より肌になじみやすくなります。

成分情報

全成分:水、BG、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン、グリセリン、ポリシリコーン-14、(アクリル酸Na/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、スクワラン、セレブロシド、ノイバラ果実エキス、(アスコルビル/トコフェリル)リン酸K、グリチルリチン酸2K、オレンジラフィー油、ポリクオタニウム-61、エチルヘキシルグリセリン、イソヘキサデカン、ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル、ポリソルベート80、トコフェロール、フェノキシエタノール