「ロゼットAKシリーズ」
天然セラミドの有効性

セラミドの役割

皮膚の表面には、タンパク質でできた角層があり、この角層の細胞と細胞の間にあるのが”セラミド”と呼ばれる脂質です。セラミドは、新陳代謝の過程で作られる「細胞間脂質」で、約30%の水分を抱え込み、細胞と細胞を糊のようにつなぐ働きがあります。セラミドが豊富にあると、角層のうるおいが保たれ、みずみずしくしっとりとした肌になります。

一方、アトピー性皮膚炎の肌は、セラミドが異常に少ないことがわかっています。また、加齢によってもセラミドが減少し、汗をかかない季節になると表皮から水分が蒸発しやすくなります。

セラミドは表皮の健康を保つ、いわばバリアの働きをしています。表皮が健康な状態であれば、皮膚の水分も失われにくく、また外からの刺激やダニ・ほこりなどの抗原(アレルギーの原因)は、皮膚の中に入ってこられません。ところが、アトピー性皮膚炎の人の皮膚は、もともとセラミドが少ないため、バリア機能が低下して、皮膚内部から外へ水分が失われやすく、皮膚が乾燥し抗原が皮膚内に入りやすくなっています。抗原が表皮に侵入すると、アレルギー反応が起こり、皮膚にさまざまな炎症が起きます。

アトピー性皮膚炎は、いわば「異常乾燥肌」といえます。ですから、治療では皮膚の炎症を抑える薬物療法とともに、表皮の乾燥を改善し、バリア機能を高めるセラミドを中心としたスキンケアがとても大切になります。

健康的な皮膚
アトピー性皮膚炎や乾燥した皮膚

ロゼットAKシリーズに配合されている
天然セラミドとは・・・

アトピー性皮膚炎でお悩みの患者さんにも安心してお使いいただけるように、ロゼットAKシリーズには健常な馬の新鮮な脊髄から抽出した天然セラミド「ウマスフィンゴ脂質」を配合しました。この天然セラミドはガラクトシルセラミドを70%以上含み、スフィンゴミエリン(スフィンゴリン脂質)、ホスファチジルエタノールアミン(スフィンゴリン脂質)、レシチン(グリセリン脂質)、コレステロールなどもバランスよく含有し、肌のバリア機能と水分保持機能を高めます。

ロゼットAKシリーズの天然セラミドの有効性

※ロゼットR&D調べ

天然セラミド「ウマスフィンゴ脂質」の主成分
「ガラクトシルセラミド」が
βグルコセレブロシダーゼを活性化

ガラクトシルセラミドとは他の臓器にくらべ、表皮に多く存在するスフィンゴ糖脂質のひとつです。ガラクトシルセラミドが、βグルコセレブロシダーゼを特異的に活性化したという報告があります。

  • 外部からのガラクトシルセラミドの適応
  • βグルコセレブロシダーゼを特異的に活性化
  • 生体内セレブロシドからセラミドへの代謝活性
  • 表皮における生体由来の種々の
    セラミドを生成し、ラメラ構造形成能亢進

ガラクシルセラミドが
細胞間脂質のラメラ構造を再構築

ドライスキンモデル(未処理)
セレブロシド0.3%配合乳液使用例
SC:角層 E:表皮 D:真皮

ドライスキンへのセレブロシド配合乳液使用により角層におけるラメラ構造の再構築がみられました。(1日2回2日間使用し、ベーカー染色法により上記染色が確認されました。)

ロゼットAKシリーズは表皮のバリア機能を担う細胞間脂質のラメラ構造を形成し、
皮膚の水分を保ち過剰な水分損失を
防ぎます。